過払い金請求をしよう

お金過払い金という言葉はテレビやラジオのCMなどでよく聞かれる言葉だと思いますが、この過払い金とは具体的にどのようなものなのでしょうか。簡単に説明すると過払い金とは、カードローンやキャッシングなどの返済において必要以上に貸金業者にお金を払いすぎていた利息分のことを指しています。以前の消費者金融では法定で定められていた金利を超えたグレーゾーンの金利を利用していて、上限以上の利息を取っていたのです。しかしそうした利息の計算は素人にとっては難しいものなので、なかなか自分で把握することが難しいです。そのため多くの人は自分が余分に利息を支払ってしまっていることに気づかずに返済を続けてしまっていたのです。

そのため長年借金の返済をしていた人はかなりの金額の過払い金を支払ってしまっていた可能性があります。しかし過払い金は返済がすでに終わってしまったあとでも返還を求めて請求をすることが可能なものです。もちろん自分一人で過払い金請求をするのは大変ですが、法律事務所に相談して過払い金の請求をすることができます。現在も返済をしている人を含め、消費者金融から借金をした経験がある方は法律事務所に相談して過払い金があるかどうか確認してみることをおすすめいたします。